• ホーム
  • 性力剤よりも病院の診療を受けてED治療薬を入手

性力剤よりも病院の診療を受けてED治療薬を入手

ペニスの勃起能力が低下していると感じるときには、市販の性力剤を試す人が多いと思います。
市販されている性力剤には血行を良くする作用のあるものや、肉体的な疲労を改善させる効果のあるものなどがありますが、これらの商品は医薬品ではありませんので、勃起不全に陥っている症状を回復させることは難しいと言えます。
市販の性力剤では改善できないと感じるときには、本格的に病院の診療を受ける必要があります。
EDの症状の診療を受けることができる病院は、泌尿器科や内科がありますが、専門的なED治療をしている病院も増えてきています。
専門治療をしているクリニックの中には、全国の様々な都道府県で開院しているところがありますので、いろいろな地域に住んでいる人がED治療を受けることができる体制が作られています。
泌尿器科や専門病院に通うことで、ED治療薬を処方してもらえますので、根本的に勃起しない症状が現れている人に有効です。
勃起は一酸化窒素が放出されて、ペニスの細胞内部で血管を拡張させる作用のあるcGMPという物質が増えることで起きますが、血管を収縮させる作用のあるPDE5の量のほうが増えてしまうと、勃起しにくくなります。
ED治療薬の成分には、PDE5の働きを阻害する作用がありますので、ED治療薬を服用することで勃起を促進させる効果を得ることができます。
治療薬の種類は一般的に、バイアグラやシアリス、レビトラというものがあり、それぞれに特徴が異なるので自分の症状に適したものを医者に処方してもらうことが大切です。
性行為に対する精神的なプレッシャーを感じている人であれば、3種類の治療薬の中からシアリスを選択することがおすすめです。

またシアリスのジェネリック品のような薬で、同じ有効成分を含んでいるタダシップという治療薬もあります。
シアリスとの薬効に違いはないですが安価で手に入れることができるので、タダシップはオススメのED治療薬といえます。