• ホーム
  • EDの治療薬は効果あるの?

EDの治療薬は効果あるの?

EDの治療薬は医学的に効果があると認められているので、服用すると原因を特定しなくても勃起することができる可能性が高くなります。
EDに関する研究は特に海外で進められていて、研究開発で出来た薬の中には偶発的な要因によって完成されたものもあります。
日本国内では海外で開発された薬の中でも主に三つの薬においてその使用許可が出ています。
この許可は国家の認可を得ているという意味なので、病院に行けば文字通り医薬品として処方してもらうことが可能です。
ではそもそも、三つ存在するED治療薬最もっとも特徴的な薬は何なのでしょうか。
日本国内で認可されている勃起治療薬の中でも、最も有名な薬はバイアグラという海外生産の薬です。
バイアグラは、世界で一番最初に作られたED治療薬のことを意味し、この治療薬は近年でも人気が高く知名度で言えば間違いなく世界で最も高いものです。
元々バイアグラという薬は勃起不全を治療するために開発された薬ではないということにポイントがあります。
バイアグラは、本来勃起不全を治療するためではなく、血圧を制御するために考えられた薬であるため研究過程で偶発的に開発された薬と言えます。
当然、血圧に関連する薬であったためそれに伴う臨床実験も行ったのですが、その実験で被験者に対して想定外の効果が現れたことからこうした特殊な薬の開発が進められました。
薬を利用した被験者の多くが、薬の返還を拒むようになったのです。
その原因を調べた結果、男性の服用者に対して勃起を促す作用が存在することが確認されました。
この成分を精査して抽出した薬が、近年で販売されているバイアグラという薬なのでバイアグラを筆頭とするED治療薬には医学的な根拠があるのです。
今では、この医学的な根拠を得ているED治療薬は増えました。
世界で一番最初に作られたED治療薬ということもあり、バイアグラは、ジェネリック医薬品も多くあります。
カマグラ、シラグラ、ペネグラなどの名称でジェネリック医薬品がたくさん増えました。
先発医薬品のバイアグラに比べたら、財布にも優しくとてもありがたい医薬品です。